N3文法104「べき」應該(should do)

8212

文法:動詞辭書形+べき/Aく+あるべき/N・Na+であるべき
表示該行為是應當的、正確的或必須的,常用於勸告、命令或禁止,中譯多為「應該」,相當於英文的「should do」。接「する」時可以用「するべき」或「すべき」。
  1. 学生がくせい勉強べんきょうべきだ。
    學生應該要用功學習。
  2. 子供こども自由じゆううばべきではない。
    不應該剝奪孩子的自由。
  3. 取扱とりあつかい説明せつめいしょはもっと簡単かんたんであるべきです。
    使用說明書應該要更簡單一點。
「~すべき」是從古語演化而來,(す是文語終止形,する是現代口語的終止形),因此「すべき=するべき」,兩者在現代都可以說,使用頻率也都很高。

否定用法:~べきではない

用於否定時其句型為「~べきではない」,而不說「~ないべきだ」,例如「あきらめるべきではない(不應該放棄)」,而不是「あきらめないべきだ」。也許日常生活中會看到「~ないべきだ」,但以日本語教育中的文法正確性來說應改為「~べきではない」。

「べき」相當於「したほうがいい」,只是「べき」較具有強制性。

~するほうがいい  → ~するべきだ
しないほうがいい → ~するべきではない
  • そうかんがえないほうがいい
    不要那麼想比較好。
  • そうかんがえるべきではない
    不應該那麼想。
  • そうかんがえないべきだ。
    嚴格來說屬於錯誤句型。
補充
「はず」可以用「~しないはず」或「するはずがない」,但「べき」要用「~べきではない」,兩者句型不同須留意。

過去式表遺憾、後悔或反省:べきだった/べきではなかった

「べきだった」表示「當時應該要那麼做」,「べきではなかった」則是「當時不應該那麼做」,用於自述時通常表示後悔或反省。

  1. もっと勉強べんきょうするべきだった
    應該要更用功學習的。
  2. あんなひどいことをべきではなかった
    不應該說那麼過分的話。

補充:べからず與べきではない的差異

べからず是古語べし的否定形べからず,意思是「禁止」,べき則是從古語べし中的連體形「べき」而來,其否定為「べきではない」,意思是「應該」,兩者視情況可能可以互換,但嚴格說起來意思不太一樣,而べからず屬於文語,現在比較少用,多講「~てはいけない」、「禁ず」、「禁止」等。

~べからず ≒ ~してはいけない
~べきではない ≒ ~しないほうがいい
←新功能,歡迎多加利用
時雨 時雨
東吳大學日本語文學系畢,主攻現代日語文法,大部分時間從事與文法解析相關工作,為了打造良好學習網站也涉獵網頁程式語言,希望這個網站能帶給大家幫助。
贊助管道:加入VIP贊助斗內 社群媒體: